夏野の驚異の部屋

様々なジャンルを自由気ままに書いていくフリースタイルブログ

【小説】『ひとりぼっちの百物語』 八話目「自殺をやめた理由」を投稿しました。

皆さんどうもこんにちは。

篠虫です。

 

 

小説更新の報告です!

 

なろうで読む→

https://ncode.syosetu.com/n8523fj/8/

 

 

pixivで読む↓

www.pixiv.net

 

エブリスタで読む↓

estar.jp

 

 

 

内容は、

失恋をきっかけに自殺願望を持ち始めた女性。

日に日に大きくなっていくその気持ちの中、死への恐怖はなくならなく自殺をする覚悟は固まらなかった。

そんなある日、駅のホームのベンチで電車を待っていると、端に設置された自殺防止用電灯の青い光が眼に入った。

その下、電灯の柱に――学生服が浮いていた。

 

 

という話です。

 

少しでもこれまでと違う階段を!

をテーマにいつも作っていますが、今回も新しい話になったんじゃないかと思います。

 

 

怖い話か良い話か、ぜひ読んで判断してみてください!

 

 

 

 

それではまた!

(。・_・)ノ