夏野の驚異の部屋

様々なジャンルを自由気ままに書いていくフリースタイルブログ

言葉にできない不安感が襲う『検索してはいけない動画集』 Part1【解説付き】

どうもみなさんこんにちは。

最近小説のことばっかり考えてたんで、ちょっと息抜きです。

篠虫です。

 

 

今回は、Youtubeに転がる不気味な動画をいくつか紹介したいと思います!

(一部には)有名なものが多いかも知れませんが、見たことない人向けと言うことで(~_~;)

 

ちなみに心霊系は紹介しません!でも、一応閲覧注意

 

 

 

 

 

f:id:aryo643:20190327141621j:plain

 

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

 

不気味な動画、と言っても色々ありますよね。

意図して作られた作品なのか、はたまたただの悪ふざけなのか。映画やCMのワンシーンなのか、出所が不明なものなのか・・・

 

 

 

今から紹介する動画は、そうした見る側にとってはよくわからない、意図が理解できない、そんな動画ばかりです。

中にはある程度経緯が判明しているものもありますが、どうしてこの動画が撮影されたのか、ネット上にアップされているのか、そんな「謎」を想像して考えてみると面白いと思います。

 

 

 

 

※これから紹介する動画の中には、見る人によっては強い恐怖や不安を感じる場合がありますので、ご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 『Persephone Numbers Station』

 


Persephone Numbers Station

 

 

海外動画ですが、動画の不気味さもさることながら、動画にまつわる2ちゃんねるのコピペにより有名になりました。

 

以下動画を見た後のコピペの引用です。↓(長いため一部省略)

43: 2010/06/09 04:32:02 id:ZLq3Qec0
>>37
予想以上に怖かった。鳥肌たった。すぐ閉じた。

50: 2010/06/09 04:34:23 id:sZ36Pbdx
>>37
何だこれ
背筋に寒気走るわ
これ怖さで俺が今までに見た動画の3本指に入るぞ

136: 2010/06/09 04:53:38 ID:6OVGSgCu
>>37
サムネで気になったけど、だからといって開く気にはならなかった
嫌な予感しかしない


186: 2010/06/09 05:02:52 ID:1m42cDxx
>>37詳しく

195: 2010/06/09 05:04:17 ID:38GrrdWJ
>>186
サムネイルにある顔が変な動きをする

454: 2010/06/09 06:37:48 id:Gy6nGKNI
>>17も>>37もどこが怖いのかよく分からないな
俺の頭が悪いからか

462: 2010/06/09 06:41:41 id:PNLR+93Y
>>17は怖くないけど
>>37が怖くない奴は異常だろ 死体が動いてても平然としてるタイプだな

468: 2010/06/09 06:44:49 ID:Gy6nGKNI
>>462
そりゃ死体が動いてたらビビるだろうけど、
裸の女がウネウネしてるだけの動画なんて、鳥肌は立たねえだろ

473: 2010/06/09 06:46:14 id:oTsLXuTY
>>468
え、裸?

475: 2010/06/09 06:47:25 ID:Gy6nGKNI
>>473
あれ、>>37の話だよな?

484: 2010/06/09 06:51:40 id:M23jtbl/
>>475
オマエの方がこえーよ・・・。

485: 2010/06/09 06:52:17 id:oTsLXuTY
>>475
ふーん、おまえには裸の女に見えたんだ・・・
おまえにだけは・・・

499: 2010/06/09 06:57:31 ID:Gy6nGKNI
ちょっと待った
>>37は裸の女が行ったり来たりしながらウネウネしてるだけの動画だよな?
お前らが変なこと言うから怖くなってきたぞ

503: 2010/06/09 06:59:46 id:hoRfSh8g
>>499
ほんとにやめて

506: 2010/06/09 07:00:07 id:oTsLXuTY
>>499
え、マジか

514: 2010/06/09 07:03:30 id:Ey3pi8ZW
>>493
しかし人工的な信号であれば、77年8月15日に一度だけ受信できたというのは
おかしいのでないか。人工的なものならば、反復して受信できるはずだ。
>>499
はて?行ったり来たり?

520: 2010/06/09 07:06:00 ID:Gy6nGKNI
>>514
20秒くらいの間隔で行ったり来たりしてるだろ
近付いて来る時しか裸は見えないけど

524: 2010/06/09 07:07:12 id:oTsLXuTY
>>520
おいおい

531: 2010/06/09 07:11:01 id:Ux0+EGyo
>>527
やめてくれよ・・・

533: 2010/06/09 07:11:20 id:hoRfSh8g
>>520
裸の女はいつ近づいてくるんだよ

537: 2010/06/09 07:13:54 ID:Gy6nGKNI
>>533
だから往復20秒くらいの間隔で、奥に行ったり手前に来たりしてるじゃねーか
えっ、というか本当に俺の頭がおかしいのか?
釣り? マジ?

543: 2010/06/09 07:15:10 id:fQLmOtsk
>>537
奥に行った時のスクショ取って見せてくれ

545: 2010/06/09 07:16:00 ID:Gy6nGKNI
>>543
分かった、ちょっと待ってろ

547: 2010/06/09 07:16:41 id:M23jtbl/
>>545
今、専ブラの画像表示機能全部切った。

553: 2010/06/09 07:17:49 id:CLRnZ2tB
>>545
本気か!?釣りじゃないのか!?

538: 2010/06/09 07:14:01 id:CLRnZ2tB
>>520
マジでいったりきたりしてないよ?ましてや裸なんぞ
何かやばくないか

542: 2010/06/09 07:14:49 id:Ey3pi8ZW
>>513
ゆっくりとした単調なブザー音の繰り返しが、突如としてピッチを上げる。
子守歌のように聞こえていた音が、同じ音のはずなのに間隔が変わっただけで
何かの接近を警告するかのように、聞く者の焦燥感をかきたてる。
それはちょうど、おだやかな顔をした人形の表情が、突然鬼のように変わった
ような、動かぬはずの人形が突然両腕を振り上げて襲いかかってきたかのような、
そんな恐怖に似ている。
>>520
俺をからかっているんだね?やめてくれよ

519: 2010/06/09 07:05:50 id:M23jtbl/
>>517
俺らに見えてないものが見えてるってことだろ。危ない兆候だ。

557: 2010/06/09 07:19:00 id:fuxpGIue
お前らが大袈裟に言っているだけだと軽い気持ちで>>37見た
1秒待たずに閉じた
なんだあれは

567: 2010/06/09 07:23:43 ID:Gy6nGKNI
意味分からん
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org951939.jpg

572: 2010/06/09 07:24:27 id:fQLmOtsk
>>567
いやこっちが意味わからん

575: 2010/06/09 07:25:08 id:fuxpGIue
>>567
ちょっと待てどこを見て「裸の」女だとおもったんだ?

 


576: 2010/06/09 07:25:13 id:hoRfSh8g
>>567
奥に行ってないじゃん

582: 2010/06/09 07:27:14 id:CLRnZ2tB
>>567
おいマジでヤバイぞ?
病院かお寺に行かないと


595: 2010/06/09 07:29:53 ID:Gy6nGKNI
おい、悪ノリやめろマジで
本気で怖くなってきた

 


   (中略)

 


635: 2010/06/09 07:39:40 ID:Gy6nGKNI
もう仕事行くわ
最後にマジで教えて欲しいんだけど、お前らは本気で言ってるのか?
それともVIP的な悪ノリで流れに乗っかってるだけ?
本気なら帰りに病院行ってくるから


652: 2010/06/09 07:41:57 ID:+9Kn6XbW
>>635
俺には首から上の女が一定の動きをしているだけにしか見えない
ちなみに神に誓って本気

662: 2010/06/09 07:43:38 ID:Gy6nGKNI
>>652
>>653
ありがとう、病院行くわ

667: 2010/06/09 07:45:11 id:CLRnZ2tB
>>662
お大事に

 (引用元:http://2chkowaihanashi-matome.com/archives/kowa201410250624.html)

 

と、一人だけ動画が違う内容に見えていた話なんですが、本当ならちょっとゾッとしますよね・・・

 

 

コピペ内でもさんざん語られていたように、この動画は

「終始、黒いドットが付いた女性の上半身が映っていて、顔を少し歪めながらノイズと早送りのような声で何かを話し続ける」

という訳がわからない内容になっています。

 

 

 

 

ずっと聞いていると頭がおかしくなりそうですが、真相ははっきりとしています。

 

ずばり、アメリカドラマの劇中の謎解きの一環だった!

とのことです。

 

 

一つずつ簡単に解説すると、

まずタイトルの”Persephone”は「ペルセポネ」、ギリシャ神話に登場する神の名前ですが、ここではドラマに登場する女性の名前のことです。”NUmbers Station”は「乱数放送」を指します。そして動画内の女性は、乱数放送である数字を言っています(聞き取りにくいですが)

 

【101 118 105 100 101 110 116 32 97 103 101 110 100 97】

 

これをASCIIコードで変換すると「evident agenda(明らかなる予定表)」となります。

 

 実はアメリカのドラマ「LOST」の関連企画である「The Lost Experience」において、
Persephoneと呼ばれる女性から発されたメッセージ、という設定の動画である(現在は公開終了)。
このThe Lost Experienceは架空の組織の広告や広告サイトからカギを見つけ出し、
作品の謎に迫るという一種のゲームであった。当時公開されていたブログにて、
「evident agenda」というキーワードを入力することで特別コーナーに入ることができた…というものである。 

 (引用元:Persephone Numbers Stationとは (ペルセポネナンバーズステーションとは) [単語記事] - ニコニコ大百科)

 

 

・・・ということで、ドラマの企画だと言うことを知らない我々にとってはただの不気味動画ですが、ちゃんとした人達が制作したものだと知れば怖く・・・はなくならないですよね(;´Д`)気味悪いことには変わりありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

2 『Sitting and Smiling #5』

 


Sitting and Smiling #5

 

一人の男性が約4時間の間、笑顔を崩さず体を動かさず座っているだけの動画。

投稿者はベンジャミン・ベネットさん。他にも同様の動画を300本アップしている強者です。投稿理由は、「これが世の中に足りていなかったから」とかなんとか・・・

 

ですがどうして300本もあるうちのこの回を選んだのか。

 

実は、この動画の2:36:30辺りでハプニングが起こります。

画面左奥にドアがあるんですが、そこが開いたと思ったら外から泥棒が入りかけるんです!そして部屋の中で行なわれている奇妙な状況を見てすぐに帰って行く、というものです。

 

動画について、ベネットさんが動画説明欄に書いてあるので英語が読める方は見てみてください。

 

視聴者の中ではこの第5回は神回と称され、再生回数は300万回を超えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3 『Max Headroom WTTW Pirating Incident - 11/22/87 (Subtitled)』


Max Headroom WTTW Pirating Incident - 11/22/87 (Subtitled)

 

恐らく、史上最も有名で不可解な電波ジャック事件「マックス・ヘッドルーム事件」の動画です。

 

 

1987年11月22日、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ一帯で2度にわたり発生したテレビ放送の電波ジャックです。

マックス・ヘッドルームとは1984年にイギリスの”チャンネル4”で放送された音楽番組に出てくるCGキャラの司会者のこと。

 

 

30年以上経った今でも犯人が特定されずにいる未解決事件です。

 

加えて、放送電波を乗っ取れるほどの技術と労力を要しながら、映し出された内容が意味不明&下品なジョークなどで愉快犯のそれと変わらないため、犯人の動機が不明瞭です。

 

 

 

詳細についてはwiki↓が詳しいので参考までに。

ja.wikipedia.org

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4 『Blank Room Soup』


Blank Room Soup.avi

 


Blank Room Soup.avi Part 2 - Deep Web Video

 

 

人によっては今回紹介した動画の中で一番怖く感じるかも。

「Blank Room Soup」と呼ばれる動画でPart1と2があります。

 

Part1は、「泣きながらスープを飲む男性を着ぐるみ2人が慰める」というもの。

Part2は、「同じくスープを飲む男性を後で着ぐるみ2人が見守るが、内1人が走って男性を蹴る瞬間動画が終わる」というもの。

一番古い投稿は、Part1が2005年にrenaissancemenというアカウントが「freaky soup gay」(訳:気味悪いスープ男)という題で、Part2は2006年にadanaというアカウントが「soup torture」(訳:スープ拷問)という題で投稿されています。

 

 

 

はっきりとした由来や意図が判明していない動画ですが、以下に動画にまつわる噂を紹介します。

 

・借金の肩代わりとして男性の恋人、もしくは家族人肉スープを飲まされている。

・殺される前の最後の晩餐としてスープを飲んでいる。

・誘拐されたカップルの女性が殺され、その肉をスープにして男性に飲ませている。

・深層ウェブから見つかった動画。

 

 

どれもよくある都市伝説などと似たり寄ったりのネット情報で、全くのでたらめだと考えて構いません

上記の噂は全て根拠がなく、噂の域を出ない説ばかりです。

 

ちなみに深層ウェブというのは、我々一般人が普段利用するウェブよりも深い場所=入れない場所にあるとされる、無法地帯で犯罪や闇取引の温床になっている~といったもの。

これすら本当かどうかはわかりませんが・・・(^_^;)

 

 

 

スープを飲む男性の見た目、スープの入った器の模様やPart2の右端に映る缶が日本の商品だ、という指摘から日本で撮られた・アジア圏で撮られたとも言われますがこれも真偽のほどは定かではありません。

 

この動画に関して、信憑性の高い情報は以下の事柄です。

 

・着ぐるみは、「Ray Ray」という名前のキャラクター。

・このキャラの制作者は、Raymond S. Persiというアメリカのアニメーター。彼は現在、ウォルトディズニー・アニメーションスタジオに在籍しており、携わった作品には『ザ・シンプソンズ』『シュガー・ラッシュ』『ズートピア』(声優としてフラッシュというキャラ担当)などがある。

・彼のYoutubeチャンネルには、同じく「Ray Ray」の着ぐるみの動画がいくつも投稿されている。(一例↓)


RayRay-Resolution

 

これらのことから、スープ動画の作者はRaymond S. Persi氏だと考えるのが自然だと思います。

まあ、動画の制作意図はわかりませんが・・・。それに彼のアカウントからは投稿されていないので、真相は謎のままですね。

 

 

謎のままの方が、動画の持つ(ある意味)魅力が失われずにすむので、それはそれでいいですけどね。

 

 

 

 

(参考:Blank Room Soup - 検索してはいけない言葉 Wiki - アットウィキ)

 

 

 

 

 

 

 

5 『Rubber Johnny』

 


Rubber Johnny by Chris Cunningham Aphex Twin 1080p HD

 

今回紹介する最後の動画です。

初見は、なかなかに衝撃的です。

 

この動画は、イギリスの映像作家クリス・カニンガム氏が2005年に発表した映像作品。音楽はイギリスの音楽家エイフェックス・ツイン氏が担当しています。共に海外では著名なアーティストのようです。youtubeの他の動画も多く再生されています。

 

 

「ラバー・ジョニー」は主人公の名前。

突然変異で生まれた奇形児(水頭症?)のラバー・ジョニーが、隔離された地下室で車いすに乗ったまま暗闇の中、身体を変幻自在に動かしながら踊る、という言葉で聞いてもインパクトのある内容です。

 

時々登場するチワワの姿だけでも怖く感じてしまいます(^_^;)

 

 

全編、暗視カメラで撮影された映像なので常に緑がかった暗い画面で、確かに恐怖を感じはしますが、作品の完成度・映像のクオリティ・音楽の良さは素晴らしいです。歴とした一つの作品として評価されるのも納得です。

 

 

興味のある人は他の動画も見てみてください。

ちなみにこの映像作品はDVD化されています。↓興味ある方はどうぞ!

 

 

 

 

 

(参考:Rubber Johnny - 検索してはいけない言葉 Wiki - アットウィキ)

 

 

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

さて、いかがだったでしょうか?

最近は小説とアート記事しか書いてなかったので個人的にはとても楽しかったのですが、内容がないようですからねぇ、、、好みは分かれて当たり前だと思います(~_~;)

 

本当はもう一つ有名な動画の紹介をするつもりだったんですが、今回の記事作成に当たって改めて調べ直していたら思ったよりしっかり情報が出てきたので、今度別記事として作りたいと思います。

 

 

記事リクエストは私のジャンル範囲内なら、いつでも受け付けています!(必ず書くとは言ってない)

 

 

 

 

それではまた!

(。・_・)ノ

 

 

 

 

DIRECTORS LABEL クリス・カニンガム BEST SELECTION [DVD]

DIRECTORS LABEL クリス・カニンガム BEST SELECTION [DVD]