夏野の驚異の部屋

様々なジャンルを自由気ままに書いていくフリースタイルブログ

小説

【小説】『ひとりぼっちの百物語』「ゴキブリ?」を投稿しました。

短編怪談シリーズ第10弾。 停電した自宅内に、何かが蠢く。

【小説】『ひとりぼっちの百物語』 「暗箱」を投稿しました。

短編怪談シリーズ第9弾。 目覚めたら、暗く狭い場所に閉じ込められていた男。 記憶をたぐり寄せると……

【小説】『ひとりぼっちの百物語』 八話目「自殺をやめた理由」を投稿しました。

短編怪談シリーズ第8弾。 自殺願望の女性が、駅のホーム端、自殺防止用電灯に照らされた宙に浮く制服を見つける。

【小説】『ひとりぼっちの百物語』 七話目「渋滞待ち」を投稿しました!

短編怪談シリーズ第7弾。 高速道路で渋滞に巻き込まれた男性の話。

【小説】『ひとりぼっちの百物語』 六話目「青い紐」を投稿しました!

短編怪談シリーズ第六弾 ある女性が昔から不思議に思っている3つの出来事。 母親の言葉がその真相を明らかにする。

【小説】『ひとりぼっちの百物語』 五話目「他人のこい」を投稿しました!

短編怪談シリーズ第5弾 夢だった仕事に就職した女性。入社して5年、初めは嫌だったことも次第に慣れていった・・・。

【小説】『ひとりぼっちの百物語』 四話目「出張帰り」を投稿しました!

短編怪談シリーズ第4弾目です。 ある男が長期出張からしばらくぶりに家に帰った。腹痛のため急いでトイレに駆け込んだが、ふと冷静になると、ある違和感に気付く・・・。

【小説】『ひとりぼっちの百物語』 三話目「プールの桜」を投稿しました。

短編怪談シリーズ第3弾です。 小学生の頃、学校の怪談が全国で流行る中、うちの小学校には1つだけ変わった七不思議があった。「プールに映った桜の花を見ると不幸になる」 夏に咲かないはずの桜。友達と真相を確かめることに・・・。

【小説】『ひとりぼっちの百物語』 二話目「触れる幽霊」投稿しました。

短編怪談シリーズ第2弾です。 日々の繰り返しに飽きていた女は、立ち寄った飲み屋で初めての出会いをする。男は「触れ、話せる」幽霊だった。すっかり興味を持ち、後日遊びに出かけるが・・・。

【小説】短編怪談のシリーズを投稿始めました。

短編創作怪談「ひとりぼっちの百物語」を投稿はじめました! 1話完結・週1更新で、どこから読んでも大丈夫。数分で読める怖かったり切なかったりする怪談話です。

短編小説第3弾「楽しい物件紹介」を投稿しました!

短編ホラー小説です。 ある物件を紹介していくのですが、あちこちにおかしな点が。一体どんな人物が住んでいるのか想像力を働かせ、サクッと読んでください!

小説第2弾「永遠の潜水」を”なろう”に投稿しました! ジャンルはホラー

短編小説2つ目にして、初のホラーです。 ある男が楽しみにする毎晩の日課。潜水でたどり着く底に広がる世界。 ただその日は想定外のことが起きた。何かが・・・。

【小説家になろう】小説を初投稿しました!

人生初の小説になります。 思いつきのストーリー、下手な文章ですがすぐ読めるのでよければぜひ。 近年議論の的になる「ある固定概念」がテーマの話になっています。