夏野の驚異の部屋

様々なジャンルを自由気ままに書いていくフリースタイルブログ

私がクジラ類の死骸を発見してから脊椎の骨格標本を作るまで【一部閲覧注意】

普通に生きていたら一生出逢わないかも知れないクジラの漂着死体。 そこから取り出した背骨を一から骨格標本にしたド素人の話。

読後、絶対映画を観たくなる! 今、最注目の映画マンガ『シネマこんぷれっくす!』紹介

久しぶりの記事はマンガ紹介! 圧倒的な知識量と初心者からマニアまで楽しめる話の内容・読みやすい構成が魅力の『シネマこんぷれっくす!』が今熱い!!!

【オススメ本】本紹介&感想 『タコの心身問題 頭足類から考える意識の起源』

今回紹介するのは、全身に約5億個のニューロンを持ちビンを開けたり迷路を解いたりするほど知能が高く、あらゆる形に変化し皮膚の色も変えられ、人の顔を識別したり物で遊んだりする生き物、タコに果たして「心」があるのか、多数の研究と考察から読み解く本…

【オススメ本】本紹介&感想 『世界の怪物・神獣事典』

今回紹介するのは、世界各地の伝説・伝承・神話に登場するあらゆる怪物・神獣をギュッと一冊に詰め込んだ事典の普及版。

【オススメ本】本紹介&感想 『謎のチェス指し人形「ターク」』

今回紹介するのは、18世紀の欧州を席巻したチェスを指す摩訶不思議なオートマトン=自動人形をめぐる数奇なノンフィクション。 果たして、人形タークの正体とは…?

【オススメ本】本紹介&感想 『実録 死体農場』

今回紹介するのは、世界で唯一の人間の死体の腐敗プロセスを研究する施設、通称”死体農場”の創設者であり法人類学のビル・バスが関わった様々な事件とその死体のノンフィクション。

【小説】『ひとりぼっちの百物語』「ゴキブリ?」を投稿しました。

短編怪談シリーズ第10弾。 停電した自宅内に、何かが蠢く。

【小説】『ひとりぼっちの百物語』 「暗箱」を投稿しました。

短編怪談シリーズ第9弾。 目覚めたら、暗く狭い場所に閉じ込められていた男。 記憶をたぐり寄せると……

【小説】『ひとりぼっちの百物語』 八話目「自殺をやめた理由」を投稿しました。

短編怪談シリーズ第8弾。 自殺願望の女性が、駅のホーム端、自殺防止用電灯に照らされた宙に浮く制服を見つける。

【小説】『ひとりぼっちの百物語』 七話目「渋滞待ち」を投稿しました!

短編怪談シリーズ第7弾。 高速道路で渋滞に巻き込まれた男性の話。